使用していた自動車を売り払う場合の手続きに関することを、この辺でできる限り見ておきましょう

ユースドカーを売りはらうときの段取りには買い取り、そして下取りが有りますよね。下取りのケースというのは新しいお車をゲットすると一緒にいままで乗っていたクルマを引き上げていただくというものです。たいてい新車のディーラーが買取りをおこないますので値段のほうはやや低くなるケースが多いです。

もう一方の買い取りのケースは不要車買取専門店が行なっていて、古い車という名目で店頭に出すことを予定して引き取り金額を決定するので、どっちかといえば高額な引き取りが期待できるでしょう。何れにしろクルマを買取してもらうことであり、引き取ってもらう前に買い受け価格を決めるための格づけがおこなわれることとなります。

見積りをして頂くさいに気に掛かるのは「リサイクル料」です。古い車の値踏みで出されるプライスというのはクルマ本体のプライス、車についてくる自賠責保険やリサイクル料等加えた金額の2種類があります御座います。「リサイクル料」はそのマイカーを購入した時、又は「リサイクル料」が未納だったときには車検の時支払われるもので、のちに古い自動車を廃車にして壊してしまうさいに必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルするときの費用という名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分する時JARSから支払われることになります。

その時のコストは大体、軽なら8千円くらい、国産車だと10000円位、輸入車の場合1万5千円位、それとは別に2万円位をいれる必要性が有ります。大概のクルマ買受ですと、これらのリサイクルの代金を使った車の引き上げ額とは別で引受けされるというようなこととなるんですが、リサイクル代金を含んで引受け金額としているケースも有り、引き取りを希望という際には先に確認しておくということが大事な事となります。