使用していた自動車を売りわたすときの進め方についてですが、当ページでできる限り把握していきましょう

マイカーを売り渡す場合の手段には買取、そして下取の両方が有りますよね。下取の場合は次の自分のクルマのを購入するかわり、これまでお乗りの使っていた自動車を買い取ってもらうというものです。だいたいは新車の取扱店が引取りをすることになるので売却額としてはわりと低目に見られがちです。

他方、買い取りのケースは中古車買取り専門の業者がするもので、中古の車という名目で売ることを予定して買上の金額を決めるので、どっちかというと高プライスでの買取が期待できるでしょう。何れにしても使用ずみの車を売却する事であり、売り払う前に買上プライスを決定するための品さだめが実施されます。

格付けをしていただく場合気に掛かるのはリサイクル料となります。ユーズドカー格づけで出してもらう金額としてはそのユースドカーそれ自体の金額、中古車についてくる自賠責保険やリサイクル料等々いれたプライスの2つの種類が有ります。リサイクル料はユースドカーをゲットした時、またはリサイクル料が未納のケースでは車検を受けたさいに支払いになりますので、後に使用した自動車を廃車にして壊してしまう際に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等をリサイクルするさいのコストという名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する際にJARSから払われることとなります。

その時の費用は、軽だと8千円程、国産車の場合は1万円位、輸入車等で1万5千円程、それ以外で約2万円ほどを入金する必要性があったりもします。多くの自動車買取であれば、そういった「リサイクル料」をユーズドカーの買い取り価格とは別ということで引受される事になるのですが、リサイクル代金をいれて引き取り金額だというケースもあり、引き受けを希望する際にはあらかじめ確認しておくということが大切なこととなります。