中古の自動車を処分する際の方法にかかわることを、コチラでしっかり確認していきましょう

使った自動車を処分する際の手立てには下取りと買取りというのがありますね。下取りのケースというのは新しいお車を購入する際一緒にこれまで乗っていた古い車を引き受けて頂くというものです。主に新車のディーラーが引取りをするので買い取り金額としては割と低目になる場合が多いです。

一方で買取りのほうはお車買取り専門の業者がおこなっていて、クルマという名目で店頭に出すことを前提として引き取りプライスを決めるので、割りに高値での買受が望めるでしょう。どっちにしてもu-carを売却する事であり、売却する前に買上げプライスを決めるための値踏みがおこなわれます。

見立てをおこなう場合に気になるのは「リサイクル料」です。使った車の格付けで出してもらう金額としてはそのくるまそれ自体の値段、自家用車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険などプラスした値段の2つの種類がございます。「リサイクル料」はその使っていた自動車をゲットしたさい、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を受けた場合に支払われるもので、この先中古の車を廃車として解体処分するケースで必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするための料金として使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体する時にJARSから払われることになります。

その際の代金は大体、軽自動車であれば8千円ほど、普通車の場合10000円ほど、輸入車などで15000円程、その他で2万円位をいれる必要性が有ります。だいたいの古い車買い取りであれば、こういったリサイクルの代金を使用ずみの車の引き上げ額とは別個で引き取りされるということとなるんですが、リサイクルの料金をいれて引受金額としている場合も有り、買取りを希望という時先ずは確認しておくということが肝心です。