不要車を売りわたす場合の方法について、このへんでしっかり見ていきましょう

中古の自動車を売り払う際の仕方には下取り、そして買い取りの2つが御座いますね。下取の場合はおニューの自分の車のを購入する際、今迄のクルマを引き上げてもらうというものです。ほとんどは販売会社が買取をすることになるため買い取りプライスのほうはどっちかといえば低くなるケースが多いです。

もう一方の買取りの場合にはユーズドカー買取専門店がやっているもので、ユーズドカーとして店頭に陳列することを前提に買い取り金額を決めるため、わりと高プライスの買取が望めるでしょう。何れにしろ中古自動車を買い上げてもらうことであり、引き受けてもらう前に買取プライスを決めるための査定が行われることとなります。

品評をおこなうさいに気に掛かるのがリサイクル料です。マイカーの診断で提示される額というのはそのお車本体の価格、所有車に附随する自賠責保険やリサイクル料などを含めた値段の二種類があります。リサイクル料はその使用ずみの自動車をゲットしたさい、又は「リサイクル料」が未納のケースでは車検を受けた際に支払いとなるもので、先々使用済みの自動車を廃車として壊してしまうケースで必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルする為の費用ということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その時の料金は大体、軽自動車だと8000円くらい、国産車で1万円位、輸入車等で約1万5千円、それ以外で約2万円ほどを入れる必要がございます。だいたいの使用ずみの車引き上げですと、これらのリサイクル料を使っていた車の買取り価格とは別で引受されるという事となるのですが、リサイクル料金をいれて引取り金額となっているケースもあり、買取りを依頼する時には事前に確認しておくことが肝心です。